ピーコックストア
イオンマーケット

旬のとっておきレシピ

卵の黄身がミモザの花のような、彩りのよいサラダ。

春野菜のミモザサラダ

30分
321kcal
材料(2人分)
菜の花 1束
スナップえんどう 10本
にんじん 5cm
2個
オリーブ油 大さじ3
黒酢 大さじ1と1/2
塩、こしょう 各少々
作り方
  • 菜の花は根元を落としてゆで、水にとって水気を絞り、半分に切ります。スナップえんどうは筋をとり、にんじんは皮をむいて輪切りにしてゆで、水気をきります。
  • 卵はかたゆでにして黄身と白身に分け、それぞれ裏ごしします。
  • オリーブ油、黒酢、塩、こしょうを合わせてよく混ぜます。
  • (1)をボウルに入れて(3)のドレッシングであえ、器に盛って(2)を散らします。
※ひと手間で食感が良くなります
菜の花は根元を落とし、水に10分ほどつけておくと、シャキッとしてアクも抜けます。
一口メモ

ゆで卵の卵黄をミモザの花に見たてたことから、その名前がついたミモザサラダ。ミモザの花は、イタリアでは3月8日に「ミモザの日」として、男性が日頃の感謝を気持ちを込めて、身近な女性に贈る花としても知られています。