ピーコックストア
イオンマーケット

旬のとっておきレシピ

さっぱりおすしで夏バテ予防。

うなぎの混ぜずし

20分
473kcal
材料(2人分)
うなぎの蒲焼き 1尾分
1合
昆布 5cm
すし酢 大さじ2
いり白ごま 大さじ1/2
きゅうり 1本
少々
みょうが 2個
作り方
  • 米はといでやや控えめに水加減にし、昆布をのせて炊きます。
  • (1)の昆布を除き、すし酢を回しかけて切るように混ぜ、白ごまを加えます。
  • うなぎは軽く温めて2cm幅に切ります。
  • きゅうりは小口切りにし、塩をふってもみ、水気を絞ります。みょうがは小口切りにします。
  • (2)に(3)と(4)の半量を加えてさっくりと混ぜ、器に盛って残りの具をのせます。
※お酢はご飯が冷めないうちに
ご飯が炊き上がったら、熱いうちにすし酢を回しかけて混ぜます。
一口メモ

ふんわりと柔らかくておいしい、うなぎの蒲焼き。炭火から出る遠赤外線が、鰻の表面をさくっと香ばしく、中はふっくらに仕上げます。「串打ち3年、裂き8年、焼き一生」というように、串打ちや裂きも大切な作業で、串の打ち方には「編刺(あみざし)」「筏(いかだ)」「三つ編(みつあみ)」などの呼び方があります。調理方法には地方差があり、蒸して焼く関東風はふんわり柔らかく、蒸さずに焼く関西風はパリっと香ばしく焼き上がります。