ピーコックストア
イオンマーケット

旬のとっておきレシピ

鮭のうまみが溶けだして美味しさUP!。鮭ときのこのクリームシチュー。

鮭ときのこのクリームシチュー

30分
231kcal
材料(2人分)
100g
玉ねぎ 1/2個
にんじん 1/4本
しめじ 1/2パック
サラダ油 大さじ1
ホールコーン 大さじ1
350ml
牛乳 50ml
ローレル(袋入り) 1枚
パセリ(瓶入り) 適量
シチューの素 必要量
【A】
ホワイトペッパー 少々
タイム(パウダー) 少々
少々
白ワイン 小さじ2
作り方
  • 鮭は一口大に削ぎ切りにし、【A】で下味をつけます。玉ねぎとにんじんは乱切りにし、しめじは石づきを取って小房に分けます。
  • フライパンにサラダ油大さじ1/2を熱し、鮭を炒めて取り出します。サラダ油大さじ1/2をたし、玉ねぎ、にんじん、しめじを炒め、水とローレルを加えて煮込みます。
  • いったん火を止め、シチュールウを加えてよく溶かし、再び弱火で煮込みます。牛乳・鮭を加えてさらに煮込みます。
  • 器に3)のシチューを盛り付け、コーンとパセリを散らします。
※きのこで旨味をプラス
きのこは加熱することで旨味が増します。しめじの代わりに、まいたけや、歯ごたえのあるエリンギなどを入れても、美味しく仕上がります。
一口メモ

おふくろの味の代表格、肉じゃがのルーツは西洋のシチューだったということは、ご存知でしたか?一説によると、明治時代にヨーロッパに留学をしていた日本人がビーフシチューの味を大変気に入り、日本で再現しようとして作ったのが、肉じゃがだったそうです。海軍兵士の料理として広まった肉じゃがの当時の名前は「甘煮」。日本の家庭料理の定番とも言える肉じゃがには、こんな意外な歴史があったんですね。