ピーコックストア
イオンマーケット

旬のとっておきレシピ

牛肉とごぼうの炊き込みご飯のレシピ。さんまに関するまめ知識やコツも紹介。

牛肉とごぼうの炊き込みご飯

30分
572kcal
材料(2人分)
3合
牛もも肉(薄切り) 200g
ごぼう 1本
油揚げ 1枚
しょうが 適宜
サラダ油 適宜
さやいんげん 適宜
だしつゆ(かつお) 大さじ8
作り方
  • ごぼうは小さめのささがきにし、水にさらしてあくを抜いた後、ザルにあけ水気をきっておく。
  • 牛肉は一口大に切り、油揚げは小口に切る。しょうがは千切りにする。
  • フライパンに油を炒れて1)、2)をさっと炒め、だしつゆ2倍を加えて5分ほど煮て、煮汁と具材に分ける。
  • 米に3)の煮汁を入れ、水を加えて水加減し、3)の具材をのせて炊き上げる。
  • 炊き上がったご飯の上に、茹でて斜めに切ったさやいんげんを散らす。
※乾燥に注意
ごぼうを保存するときは乾燥に気をつけて。泥付きごぼうは新聞紙に包んで日陰の涼しい場所へ。土をかぶせて新聞紙でくるむとさらに長持ちします。洗いごぼうは特に乾燥しやすいので、ポリ袋へ入れて冷蔵庫の野菜室で保存すると良いでしょう。
一口メモ

写真はごぼう畑。ごぼうは薬草として中国から伝来した植物とされています。今でも中国では漢方薬として利用されています。ごぼうに多く含まれる食物繊維は消化吸収されずにお腹の中を通過するため胃腸をきれいにし、便秘を解消する効果もあります。また、悪玉コレステロールを排出する働きもあり、生活習慣病の予防にも効果的といわれています。そんな身体に良い「ごぼう」と牛肉を使った「おいしい」レシピをご紹介しましょう。