ピーコックストア
イオンマーケット

旬のとっておきレシピ

さんまのガーリック焼きのレシピ。さんまに関するまめ知識やコツも紹介。

さんまのガーリック焼き

15分
407kcal
材料(2人分)
さんま 4尾
にんにく 4片
サラダ油 大さじ2
白髪ねぎ 1本分
三つ葉 1/2束
赤ピーマン 1/4個
ポン酢 適宜
少々
作り方
  • さんまは半分に切って塩少々をふる。にんにくは薄切りにする。
  • 三つ葉はざく切りにし、赤ピーマンはせん切りにする。白髪ねぎと三つ葉と赤ピーマンをまぜ合わせ、器に敷いておく。
  • フライパンにサラダ油とにんにくを入れて、弱火で薄いきつね色になるまで、3〜5分ほど焼いたら取り出す。
  • 3)に1)のさんまを入れて両面こんがりと中火で焼いて火を通し、2)の上にのせて、にんにくをちらし、ポン酢をかけていただく。小皿にポン酢をとり、つけていただいてもおいしい。
※新鮮さを見極めよう
さんまは目がはっきりと澄んで、背は青黒く張りがあり、腹は銀白色で張りのあるものが新鮮。鮮度が落ちると下あごが黄色くなくなるので注目して。スマートなものよりもずんぐりした太めのものの方が脂がのっています。
一口メモ

さんまはコレステロールや脳細胞の活性化に効果的なDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)を豊富に含んだ栄養満点の魚。栄養素の多くはさんまの脂に含まれているので、焼き魚などにするときは脂を落とさないように気をつけて。また、さんまにはタウリンなども含まれています。タウリンは多くの効用を持つとして注目されている物質。特に肝機能の強化や強心作用、血液中のコレステロールを減少させ、血圧を正常にするなどの効果があります。これらの物質がそろったさんまは、まさにこの季節にうれしい食品ですね。